大人の遠足開運バスツアー 大人の遠足開運バスツアー

第11回 大人の遠足
安房国一之宮 開運バスツアー


大人の遠足とは、「一日行動を共にし、一緒に共に手を合わせることでご縁を深めていただく会」です。

実際この遠足に参加された方達は、その後プライベートでも多くの方が繋がってご縁を深めたり、ビジネスに発展した方も多くおられます。




「安房神社」とは
船井幸雄氏も行っていた金運神社



千葉県館山市にある安房神社。

安房神社は「イヤシロチ」に位置し、日本三大金運神社の一つと言われています。

これは、経営コンサルタント会社・船井総合研究所の船井幸雄氏が「お金に困りたくなかったら、ここにお参りするといい」と言われたことが由来し、船井氏はイヤシロチとレイラインに基づき、安房神社を挙げています。

また、安房神社は房総半島の南端に近いこの場所は、日本列島を龍の形になぞらえると玉を持つ爪の部分。

そのため「つかんだ運は離さない」ご利益があるとも言われ、更に、今の自分をパワーアップさせてくれるようなご利益があるとも言われています。

例えば、

「今までになかった縁を結んでくれる」
「金運アップ」

などなど。

そんなご利益を頂けると言われているのが、安房神社です。

「イヤシロチ(弥盛地)」とは、訪れて心地よい場所であり、生命力が盛んになる場所。

科学的には地磁気が強い場所であると言われており、イヤシロチの条件が整った土地に住むと、繁栄したり、人や動物が集まったり、植物が非常によく生育すると言われています。

また、イヤシロチ(弥盛地)に位置する安房神社では、仮に体調が悪くても、安房神社に来ると体が軽くなるような活き活きとしたエネルギーになると言われ、毎年全国から多くの参拝者が訪れています。

そして、クリエイターの方は必見です!

安房神社には様々な物造りの神様がいらっしゃいますので、クリエイター系のお仕事に就いている方はぜひ参拝頂きたい神社です。


「上の宮」
あらゆる物造りにご利益あり




この神社のご祭神は天太玉命(あめのふとだまのみこと)。

「天の岩戸神話」で天照大御神が岩窟にこもった際に、天児屋根命(あめのこやねのみこと)とともに祭祀を執り行った神様。

この天太玉命とその奥様に当たる天比理刀咩命(あめのひりとめのみこと)が上の宮である本殿に祀られています。

天太玉命は祭祀に必要な鉾や鏡の製造を司っていたので「産業やあらゆるものを創り出す神」。

その神力が強いので心願成就や必勝祈願にもご利益があります。

相殿に5柱の神様が祀られていますが、いずれも物造りに関係あり。

・櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)…装飾・美術の神
・天日鷲命(あめのひわしのみこと)…紡績・製紙の神
・天目一箇命(あめのまひとつのみこと)…金属の神
・彦狭知命(ひこさしりのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)…森林・建築・武具製造の神

クリエイターの方は、絶対訪れておきたい神社です。


「厳島社」
岩をくりぬいた古代の磐座



また、本殿に向かって歩いていくと、階段を登る手前に大きな岩があります。

ただの岩と通り過ぎないでください。というのもその岩の中をくりぬいて「厳島社」があるのです。

安房神社の末社とされていますが、ご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。

福岡県に宗像神社のご祭神と同じで天照大御神から生まれた神様です。

仏教の弁財天と同一視されることも。

古代はここで祭祀が行われていたのでは?という説もある磐座。

この磐座の前でも強いエネルギーを感じることができます。


「下の宮」
縁を結んでくれる開拓の神



下の宮の御祭神は、

・天富命(あめのとみのみこと)
・天忍日命(あめのおしひのみこと)

二人は兄弟で天富命と天忍日命はともに開拓の神。

開拓というのは、未開の地を切り開くこと。

そこから転じて開拓の神は「新しい、今までと違った縁を結ぶ」神ともされているのです。

新しい縁を求めている方は、必ず下の宮にもお参りしましょう。


生命力に満ち溢れた樹齢500年のご神木



下の宮の正面にあるのが、ご神木の槇。

樹齢は500年と言われています。

ここがイヤシロチだからか、思わず息を呑むほどの生命力に溢れています。

このご神木の槇は、下の宮に参拝せずに帰ってしまうと見ることができません。

ぜひ下の宮と併せてそのエネルギーに触れてください。

安房神社は「イヤシロチとは、こういうところか…」と実感できるほど、清々しく活き活きとしたエネルギーに溢れています。

ぜひそのエネルギーを受け、さらにご利益を授かって、運気をパワーアップさせてはいかがでしょうか。


「妙見本宮 千葉神社」
星に願うパワースポット



千葉神社(ちばじんじゃ)は、千葉市の守護神である妙見菩薩を本尊とする寺院。

北斗七星の神様として知られている妙見菩薩をまつる神社になっており、厄除けや八方・方位除けのパワースポットとして有名です。

源頼朝や日蓮聖人などにも、あらゆる守護能力がある神様として崇拝されていました。

現在は、厄除けに八方除けや方位除け、学業や合格祈願などに効果があるとされています。

この千葉神社の御祭神、新妙見菩薩とは、神道でいう天之御中主神(あめのみなかぬし)様です。

天之御中主神様といえば、齊藤一人さんで有名ですね。

【主祭神】

妙見菩薩(みょうけんぼさつ、北辰妙見尊星王=天之御中主神)
宇宙の中心・北極星を司る、星と方位の守護神

【相殿神】

経津主命(ふつぬしのみこと)…勝利の神、霊剣・布都御魂の威力を神格化した刀剣の神
日本武尊(やまとたけるのみこと)…武神・日本神話の英雄

【ご利益】

・運気好転
・八方除け
・厄除け
・家内安全



星の導きによるパワースポットと言われ、二階建てとなっている珍しい本殿では、二階の方がより願いが届くと言われています。

本殿の向かいある二階建ての「尊星殿」は、1階中央となる福徳殿には「八星宮」があり、その両側には日天楼と月天楼が配置されています。

東側の日天楼には太陽のパワーがあり活性作用を司り、西側の月天楼には月のパワーがあり浄化作用を司ると言われています。

手水舎の裏にある「美寿之宮」からは水が湧き出ており、「延寿の井」と呼ばれ水神様のパワースポットとなっています。古来から一眼成就の霊泉として知られています。

その奥にある「亀岩」は福を運ぶ岩で、撫でるだけで福運を授けてもらえると言われています。

本殿隣には菅原道真公をお祀りした摂社・千葉天神があり、菅原道真公は学問の神様です。

天神様に向かって右側には「御力石」という大きな石が3つ並んでおり、触れることでご利益が得られると言われています。

「亀岩」の隣にあるのが弁財天があり、福徳財宝・安産・芸術などのご利益があります。

他にも多くの境内社をそなえ、それぞれのご利益が得られるマルチなパワースポットと言われているのが千葉神社です。


「白子神社」
金運のパワースポット



白蛇がご神体になっている、白子神社。

蛇は縁起がいいもの、縁結びや、金運が良くなるといわれ、宝くじの当せんや商売繁盛を祈願する人、良縁を願う人が多く訪れるのが白子神社。

ご本殿には「撫で蛇様」と呼ばれる白蛇様が祀られていて、祈願しながら白蛇様をなでると願いが叶うと言われています。

また、境内にあるご神木「大銀杏」や「梛の木」、「南白亀水(なばきすい)」と呼ばれるご神水も運気向上になると言われ、ご神水は、白子神社境内に湧き、濁りも癖もない水ということで、地元の方が毎日汲みに来ています。

ご神木の右手には、ご利益が美男美女になれることだという面足(おもだる)尊が祀られた末社があり、通称イケメンさまと呼ばれています。美男美女になれるかもしれません。(笑)

そして、「白子神社」のおみくじは、珍しい「水みくじ」。

真っ白の何も書いていないおみくじを水に浸すと文字が浮かび上がってきます。

水に浸すまで何が書かれているか分からないので、とてもワクワクすると思いますので、ぜひ、やってみてください。


金運アップ(金運増大)! 願いが叶う! 幸せを呼ぶ!
吉ゾウくんのお寺「長福寿寺」



長福寿寺(ちょうふくじゅじ)は、願いごとをかなえ幸せを呼ぶ仏様の分身「吉ゾウくん」をお祀りしているお寺です。

特に金運アップにご利益があり、大経営者や大富豪、有名投資家のかたなど多くの”お金持ち”が参拝しています。

さらに驚くことに、参拝した人からは、

「宝くじ1等が当せんしました」
「マイホームが買えました」
「投資で財産が倍になりました」

など、喜びの声を多くいただいているそうです。

ご本尊は、福寿阿弥陀如来。

ほか、ご本堂のなかにお祀りされている仏さまは、おくすひ夫人、大貳権現尊、目治薬師の計4柱です。

宝くじ当選、商売繁盛、臨時収入など“金運増大”のご利益の所以は、ご本堂の前に鎮座する吉(きち)ゾウくんによるもの。

吉ゾウくんとは、「人々を幸せにするためにやってきた」という伝説をもつ象。

室町時代、当時の長福寿寺學頭・17代豪仙學頭が人々の幸せを願い、厳しい修行を積んでいたところ、早朝の護摩修行をしている際に火炎の中に一頭の象が舞い降りてきたと言われています。

それが“人々の願いを叶える象”吉ゾウくんとなり、今もなお、多くの人々の願いを叶え、幸せをもたらしています。

吉ゾウくんのご利益は、金運増大、宝くじ当選、願いが叶うとなり、そのご利益をいただくには、お祈りのコツがあると言われています。



それは、「足をさすれば、必ず幸せになれる」と告げたという吉ゾウくん。

吉ゾウくんの足を「右前足」→「右後ろ」→「左後ろ」→「左前」と、時計回りで優しく撫でながら、心の中で3回願い事を唱え、強く念じます。最後に、吉ゾウくんの正面にある斎藤ひとりさん(※)の手形に手をあて、もう一度強く念じるのが、お祈りのコツ。

ちなみに、お寺の授与品である「大当たりの宝くじ入れ」に宝くじを入れて、ゾウの足に触れながら、強く念じると当たりやすくなると言われているゾウ!

ご本堂の前には、吉ゾウくんのほかもう1対のゾウがご鎮座しているのですが、その名は結愛(ゆめ)ちゃんです。

結愛ちゃんのご利益は縁結びとなり、参拝後に願いが成就したという喜びの声が多数。

足元にある“結愛ちゃん伝言板”を読み、いい気をもらって、いいご縁をGETしましょう。

※今回、ご紹介したこの4社を1日掛けて周っていきます。ぜひ、良い御神気を手にして行きましょう。


参加者の声


画像をクリック及びタップ頂くと、参加者の声が見れます。


主催者紹介


画像をクリック及びタップ頂くと、主催者の紹介が見れます。

この大人の遠足は共同主催で成り立っております。各主催者をご紹介致します。




詳細

日時2022年1月21日(土)
時間7時45分集合 19時頃解散予定
集合場所東京駅 八重洲中央口
解散場所同上
場所安房国一之宮 開運バスツアー
参加費用8000円~12000円(まだ未定。参加人数で変動します。追ってメールでご連絡致します。)
参加人数先着30名
雨天決行
昼食バスの中で昼食が出ます
キャンセル料21日前ー8日前 20%
7日前ー2日前 30%
前日 40%
当日50%
旅行開始後100%

お申込み


● 必須項目


氏名


ふりがな


メールアドレス


性別



生年月日

必ずご記入ください。今回バスの席順を気学講師の中田が相性の良い同士で決めます。
/ /


電話番号

- -


紹介者


今回この遠足で何を望まれていますか。いくつでもお選びください。









お支払方法をお選びください。



お問い合わせ内容